雀荘検索 

麻将連合(μミュー)

基礎情報

ルール

大会・プロテスト

主なルール

1. 常に一翻しばり(喰タン、先付けあり)。
2. 一発・裏ドラ・カンドラなし。
3. 喰い替えあり。
4. 途中流局なし。
5. 王牌は14枚残し。
6. 5カン目はできない。
7. リーチ者はいかなる場合でもカンできない。(発声した場合アガリ放棄)
8. フリテンリーチ、リーチ後の見逃しあり。
9. ダブロンなし(頭ハネ)。
10. 積み場はない。
11. 30符6翻、60符5翻は、切り上げ満貫としない。
12. ノーテン料は場に3,000、形式テンパイあり。
13. 親はアガリ・テンパイで連荘(オーラス親がノーテンならゲーム終了)。
14. アガリ止め」はない。
15. 発声(リーチ、ポン、チー、カン、ロン、ツモ)無き行為は原則として無効。
16. 役満のパオは大三元・大四喜の2種類のみ。
17. 誤・空行為はすべてアガリ放棄。
18. チョンボ(ゲームの続行が不可能な場合をいう)は、トータルポイントから△ 20Pとし、同じ局をやり直す。
(誤ロン・ツモは、倒牌する前ならばアガリ放棄)
19. 国士無双での特例は認めない(暗カンチャンカン、フリテンロン)。
20. 人和はない。
21. 流し満貫なし。
22. 順位点は、1位+12P、2位+4P、3位△4P、4位△12P。
23. 同点の場合は順位点を分ける。
24. 最終局(南4局、時間打ち切り局)は持ち点の申告をする。

<対局マナー>
1.服装
◇ 肌を極端に露出した格好、破れたり汚れた服は避ける。
◇ 対局の際、帽子やマフラーなどはとる。(女性の帽子は許可を受ける)
◇ 指輪などは、尖ったものは避ける。
2.開始前の手順
◇ 4人揃ったら、座位決め(場決め)をする。サイコロは2度振り。
◇ イスの高さの調節、必要な小物の用意はしておく。サイドテーブルに置くものは、できるだけ少なくする。
◇ 点棒を確認して、箱ごと下家に渡す。(2人の目で確認できる)対局中は、 点棒箱は開けたままにしておく。
  (テンリーダーなどは別)
◇ 起家決めをする。サイコロは二度振り。
◇ スコアカードに番号と姓名を書く。(起家から順番に)
◇ 開始の合図とともに、「よろしくお願いします」のあいさつを交わす。
3.終了後の手順
◇ 点棒を卓上に出し、確認する。(テンリーダーの場合、記入した後卓上へ)
◇ 手のすいた人から、得失点を+8.0、△25.2のように記入する。
◇ トップ者は、合計が±0になることを確認する。確認したら、他の3人に分かるように合図する。
◇ 各自、点棒を配給原点に戻す。
◇ トップ者は、順位点を加えて、合計点を出す。
◇ トップ者は、スコアカードを集計センターに提出する。
※ トップ者の仕事を他の人が行っても良いが、責任はトップ者にある。
4.プレー上の注意 
◇ 時間打ち切りの有無にかかわらず、プレーが遅滞しないよう心がける。
◇ サイコロは、皆が井桁(いげた)に組んでから振る。
◇ 井桁に組んだ壁牌(牌ヤマ)には、切り込みを入れてはいけない。
◇ 親は、全員の配牌完了とドラ表示を確認してから、第1打牌をする。
◇ 先ヅモは言語道断。反則行為なので気をつけること。
◇ 摸打は利き腕のみで行うこと。
◇ 掌中に牌を握ったまま、摸打してはいけない。
◇ 河(捨て牌)は6枚下段切り。直す時は、間違いや粗相の無いようにする。
◇ リーチ者は、はっきりと分かるように、ツモ切りすること。ツモった牌を手牌に
くっつけると、誤解され所定のペナルティー受ける対象となることがある。
◇ リーチや裸タンキであっても、手牌を伏せてはいけない。
5.アガリと点棒授受に関する注意 
◇ アガったら、理牌した手牌を速やかに開けること。
開けるのが遅いのはいけない。
テンパイ形と得点が良く分かるよう明示する。(完全理牌なら間違いがない)
清一色などの多面待ちや国士無双は、特に配慮すること。
◇ ツモアガリのときは、ツモ牌を右わきに明示すること。河と推定される場所に置くと、アガリが認められず、
  所定のペナルティーを受けることがある。
☆ 手牌つけたりして、ツモ牌が何か不明瞭になったとき
⇒ピンフの1翻や、ペンチャン・カンチャン・タンキの2符は認められない。
◇ アガリとその得点が4人に了承されるまでは、壁牌や河を崩してはいけない。
◇ アガった人以外の手順は次の通り。
1) アガリが正しいかどうか確認する。
(1)正しいアガリ形になっているか。
(2)役があるか。
(3)ロンアガリの場合、フリテンではないか。
(4)ツモアガリの場合、正規のツモ牌か。
2) アガリの得点が申告どおりか確認する。申告間違いに気づい場合は、正々堂々と訂正する。
3) 確認したら、「はい」と返事をするか、自分の手牌を伏せる。
点棒を払う人は「はい」と返事をすることが望ましい。
それ以外の人は、手牌を伏せるだけにする。
4) 点棒を支払う。それ以外の人は洗牌を始める。
5) 洗牌した後、次の親がセットボタンを押す。
◇ 流局した場合(アガリがあった局に準ずる)
1) テンパイ者は、次の順に速やかに手牌を公開する。
(1) リーチ者 (2) 東家 (3) 南家 (4) 西家 (4) 北家
遅いと認められない場合がある。(特にオーラスの親)
※ ノーテンの人は手牌を開けてはいけない。(紛らわしく、誤解のもと)

麻雀プロ メニュー