雀荘検索 

RMU

基礎情報

ルール

大会・プロテスト

主なルール

基本ルール
3万点持ち3万点返しの東南戦とする。
喰いタン、先付けをありとする。
一発、裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラをありとする。
常に1翻縛りとし、2翻縛りはなしとする。
サイコロは全て一度振りとする。
王牌は14枚とする。
捨牌は1列を6枚とする。
親はアガリ、またはテンパイで連荘とし、オーラスの親のアガリやめ、テンパイやめはなしとする。
一本場につき300点の加点とする。
ノーテン罰符は場に3000点とする。
途中流局は全てなしとする。したがって4人リーチは続行とし、5つ目のカンはできない。
アガリは各局に1人とし、ダブロン・トリプルロンは上家優先とする。
ポン・カンはチーに優先し、ロンは全てに優先する。ただし著しく遅いものは認めない。
箱下終了はなしとする。点棒がなくなった場合は立会人から1万点単位で借りる。
喰い替えはなしとする。 
形式テンパイを認める。ただし自己の手牌のみでアガリ牌を使い切っている場合を除く。
半荘の最終局が始まる前に各自持ち点を申告し、4人の合計が12万点であることを確認する。

点数に関する規定
子の7700点、親の11600点は切り上げ満貫とする。
嶺上開花はすべてツモアガリとし、2符がつく。
チートイツは25符2翻とする。
流し満貫はなしとする。
人和は4翻役とする。(例.人和のみは満貫、人和ドラ2はハネ満)
翻牌(連風牌を含む)の雀頭は2符とする。
11翻以上を三倍満とし、数え役満はなしとする。
役満の重複を認めない。
順位点は以下の通りとする。

1着 +15P  2着 +5P  3着 △5P  4着 △15P

同点の場合は順位点を分ける。

競技行為に関する規定
チー、ポンの手順は発声の後に関連する手牌をさらし、打牌を行った後に河から牌を持ってくるものとする。
チーをする際は、ポンまたはカンがないことを確認するために1拍おいて発声するものとする。
カンの手順は発声の後に関連する手牌をさらし、嶺上牌を補充し打牌を行う。
大ミンカンの場合は打牌後に河から牌を持ってくるものとする。
チャンカンは加カンに対してのみできる。国士無双においてもアンカンに対するチャンカンは認めない。
カンが成立した時点で(チャンカンがない)カンドラは増える。

リーチに関する規定
リーチをしてアガった者は裏ドラを他家に公開しなければならない。また裏ドラを放棄することはできないものとする。
リーチ後のアンカンを認める。ただし手牌構成や待ちが変わらない場合に限る。
※手牌構成が変わるためリーチ後にアンカンができない場合の例
[444456]の形に7をツモってきた場合(ツモ牌がアンコの牌と異なる。送りカン)
[2224555]の形に2をツモってきた場合(カン3の待ちが消える)
[1112344467]の形に1か4をツモってきた場合
(待ちは変わらないが手牌構成が変わる)
フリテンリーチ、リーチ後のアガリ選択を認める。(ツモアガリのみ)
ツモ番のないリーチを認める。
半荘終了時のリーチ棒は供託のままとする。
リーチ後にチョンボ(「罰則に関する規定」参照)が発生した場合、その局のリーチ料は返却される。 

アガリに関する規定
ツモアガリの際は「ツモ」と発声して、アガリ牌を明示しなければならない。
アガった場合は他家の確認を必要とする。
アガリは各局に1人とし、ダブロン・トリプルロンは上家優先とする。

パオに関する規定
大三元・大四喜・四槓子を確定させる牌を鳴かせた者はパオとなる。ツモアガリの場合は責任払いとなり、
ロンアガリの場合は放銃者と折半(積み棒は放銃者)とする。

罰則に関する規定
罰則は以下の2種類とする

■チョンボ(ノーゲーム、△20P)
流局時にノーテンリーチが発覚した場合
誤ロン・誤ツモ(倒牌した場合)
競技続行不可能の状況、状態を起こした場合

■アガリ放棄
多牌・少牌
誤ロン・誤ツモ(発声のみ)
錯行為(「チー」・「ポン」・「カン」の発声後、誤った牌をさらした場合)
空行為(「チー」・「ポン」・「カン」・「リーチ」の発声のみで打牌をしていない場合)
上家の打牌完了前にツモった場合(先ヅモ)

アガリ放棄となった者は、チー・ポン・カン・リーチ・テンパイの権利を失う。これに反した場合はチョンボとする。
チョンボとアガリが重複した場合、アガリが優先となる。
チョンボが発生した局はノーゲームとし、その局をやり直す。(積み棒は増えない)
見せ牌・コシ牌・三味線行為は著しく不正とみなされた場合、立会人の裁定により罰則の対象となる。
罰則によるペナルティポイントは半荘終了時、順位確定後に減算される。

※トラブルが生じた場合は必ず立会人の裁定に従うこととする。

マナー・作法
対局時の服装は社会人として節度あるものを着用する。
対局開始時および終了時に挨拶をする。
対局中の卓のボタン操作は常に親が行うこととする。
対局中は姿勢を正す。足組み、立て膝、卓に肘をつく行為、理牌以外での両手使いなどは禁止とする。
牌が上がってきたら牌山を少し前に出す。
開門該当者は嶺上牌をおろす。
長考は極力避けテンポ良い打牌を心がける。
発声は明確に行う。
掌中に牌を握っての模打、牌を投げ捨てる行為、強打は禁止とする。
手牌を打ち鳴らす行為、伏せ牌は禁止とする。
小手返し等の、自模切りか否かを不明にする行為を禁止とする。
対局中の喫煙、飲酒、食事は禁止とする。
対局中は携帯電話の電源を切る。
対局中の私語、誤解を招くしぐさを禁止とする。
著しく不適切な対局作法については立会人の裁定により罰則の対象となることがある。

麻雀プロ メニュー