雀荘検索 

面子の種類と呼び方

牌の組み合わせの事を面子(メンツ)と呼び、組み合わせによって呼び名が変わるので覚えておきましょう。

刻子(コーツ)

  • 手持ちの牌で作った同一牌3枚の組み合わせ。
  • ポンで作った同じ牌3枚の組み合わせ。
  • 誰からポンしたかわかるように、もらった人の席の位置にあたる牌を横にし、自分から見て卓の右側に置きます。
  • 「ポン」は、刻子(コーツ)を作るために、他人が捨てた牌を利用して3枚にする方法。

槓子(カンツ)

  • 手持ちの牌で作った同一牌4枚の組み合わせ。
  • 数牌、字牌どちらでもOKですが、牌を裏返しにして卓の右側に置きます。
  • カンで作った同一牌4枚の組み合わせ。
  • 誰からカンしたかわかるように、もらった人の席の位置にあたる牌を横にして、自分から見て卓の右側に置きます。
  • ポンの時と同じように、「カン」と言い、槓子を麻雀卓の右端に置きます。

順子(ジュンツ)

  • 数字が連続している3枚の同一牌の数牌。
  1. 9から1へはつながりません。
  2. 種類が違うとつながりません。
  3. 字牌はつながりません。

塔子(ターツ)

  • 順子から一枚欠けた状態の牌が2枚ある状態。

対子(トイツ)

  • 同一牌2枚の組み合わせ。

麻雀ルール メニュー