雀荘検索 

ドラ

ドラって?

  • 「ドラ」とは、アガった時に「ドラ牌」を持っていると、1枚ごとにアガリの点数が高くなる特殊な牌のことです。
  • ただし、「ドラ」自体、役はないのでドラのみでアガることはできません。
  • 「ドラ」には「裏ドラ」「槓ドラ」などもあります。

ドラ表示牌って?

ドラを表示する牌のことを「ドラ表示牌」といいます。
配牌を取ったあとに親が第1打を切る前に王牌の左から3枚目の牌を表向きにして表示します。

「ドラ表示牌」の次の牌が、その局のドラ

ドラは、表示した牌の次の牌になります。1が表示牌にあれば2が、9が表示牌にあれば1がドラになります。

  • 東→南→西→北→東
    東南西北の順番になります。北の場合は東になります。
  • 白→発→中→白
    白発中の順番になります。中の場合は白になります。
    字牌、特に三元牌のドラは間違えやすいので気をつけましょう。

「リンシャン牌」とは

カンがあった場合は、牌が足りなくなるので、配牌を取り始めた場所から数えて1列目と2列目の4枚からです。この2列4枚の牌を「リンシャン牌」といいます。カンは4回までできるので、2列目の下の計4枚まではリンシャン牌で使います。ですから、必ず3列目が「ドラ表示牌」になります。

裏ドラ

通常のドラの下段のドラ。その局でリーチをしてアガル場合のみ、裏ドラの権利を得ます。ドラ表示牌の下にある牌をチェックして、その牌の次の牌が裏ドラとして、ドラと同じ扱いになり役が増えます。

槓ドラ(カンドラ)

槓(カン)が行われたときには、ドラ表示牌の右隣の牌を1枚めくり、新しいドラとします。ですから、カンがされるたびにどんどんとドラが増えることになります。1局で最大4回までなので、最大4枚までカンドラは増えることができます。

麻雀ルール メニュー