雀荘検索 

アガリ放棄

アガリ放棄とは?

  • 比較的軽いルール違反に対して課せられる罰則でアガリを放棄することです。
  • これもチョンボと同様、間違いを犯した時に適用されます。
  • アガリ放棄となった場合は、もちろん、アガる権利のほか、ポン、チー、カンができなくなります。

アガリ放棄はどんなとき?

[多牌・少牌(ターハイ・ショウハイ)]
手牌の牌の数が、13枚より多くなることを多牌といいます。
手牌の牌の数が、13枚より少なくなることを少牌といいます。

※たいていの場合、配牌の取り忘れや、カン後のリンシャンの取り忘れが原因ですので、カンをしたら必ず手牌の数を確認しましょう。

[誤ポン、誤チー]
捨牌を見間違えて、謝って「ポン」や「チー」と発言してしまったときや、違う牌を面前にさらしてしまったとき。
例)白(ハク)を2枚持っている時に、間違って中(チュン)をポンしてしまった場合など。

[フリテン状態でのロン宣言]
フリテンの状態で、フリテンを解消する前にアガってしまった場合。

麻雀ルール メニュー