雀荘検索 

ゲームの流れ

  1. まず、各プレーヤーが座る場所を決めます。
  2. 次に全ての牌を裏返してよくかき混ぜます。これを洗牌(シーパイ)といいます。
  3. 各プレーヤーが牌山(上下2枚を17列)を作ります。これを牌山といいます。
  4. 親を決めます。
  5. 親がサイコロを振り、どの牌山から取り始めるか決めます。
  6. 牌山から各プレーヤーが、順番に牌をとることを「配牌」(ハイパイ)といいます。配牌は親が14枚、子が13枚になります。
  7. 配牌が完了したら、親は14枚の牌の中から不要な牌を1枚捨てます。この牌のことを捨牌(ステハイ)といいます。
  8. 捨牌は、南家(ナンチャ)→西家(シャーチャ)→北家(ペーチャ)の順となります。
    ※親は「東家」、左回りに「南家」、「西家」、「北家」となります。
  9. 誰かがアガルとその時点で、終了して次のゲームへと進行します。誰もアガルことができなかった場合、14牌を残してゲームは流れます。これを流局といいます。
    ※流局とは、全員のツモが終了した時点で、誰もアガれないケース。あるいは、ルールによって、その局が終わること。
  10. 東家→南家→西家→北家の順に2回ずつ親が回ったら1ゲームが終了となります。

麻雀ルール メニュー